ミュゼ 解約 電話

ミュゼの未消化分の返金保証

 

ミュゼの解約返金はをどれくらい返金されるのか?

 

〜例えば〜
全身6回コース

 

脱毛済の回数4回=残りの2回分が返金の対象

 

お得なキャンペーンなどで人気のミュゼ。

 

入会に関してはいろいろなサイトで案内しているけど、解約に関してはどうなんでしょう?

 

契約はしたものの、諸事情により継続ができなくなることってあるかもしれませんよね。

 

なので調べてみました!

 

※ミュゼを契約する前に念のために知っておきたい、解約について・・・

 

※現在ミュゼに通っているけど、諸事情により解約を考えている方・・・

 

そんな方に参考になればと思います!(^^)!

 

もくじ

 

解約時の手順
解約の理由
解約時の持ち物
振込(返金)されるまでの期間
返金期限
解約後の再契約
解約手数料(他サロンとの比較)
クーリングオフについて
ミュゼカウンセリング(解約前に相談できます)

 

ミュゼを解約を解約しようと思ったら、まずはコールセンター電話をして解約日の予約が必要です。

 

せっかくミュゼでお手入れをはじめたけれど、通えなくなってしまうことってありますよね。

 

そんな時はどうしたらいいのか、流れを説明します。

 

@ミュゼを解約時はコールセンターへ電話をかける。

 

A解約日の予約をする。

 

B解約の手続きに契約した店舗へ行く。

 

C解約の手続きをして、返金の振込日の確認をする。

 

フリーダイヤル 0120−489−450
(受付時間 10:00〜18:00 年中無休)

 

対面で解約手続きってちょっと不安?
行ったら引き留められるんじゃないか・・・
嫌な対応されないか・・・
ちょっと気が重たいですよね。
ですが、ミュゼの解約はそんな心配はいらないので安心して大丈夫です!(^^)

 

注意
ミュゼには返金期限があることと、解約した時は当日キャンセルした分は1回分として消化されているので、当日キャンセル分の返金はありません。

 

解約の理由

 

解約の際、解約理由を聞かれますがミュゼでは、どんな理由でも解約することがえきます。

 

ミュゼでよくある解約理由

 

  • 妊娠・出産
  • 引っ越し
  • 効果に満足したからこれ以上は必要がなくなった
  • 予約が取れにくいから
  • 忙しくて通う時間がなかなか取れない
  • 肌トラブルが多い
  • 効果を実感できない
  • 支払いが厳しくなった
  •  

 

他のサロンでは、解約時に手数料がかかったり、解約理由によっては解約が出来ず返金されないというところもあるので、ミュゼの解約は手数料もかからないし、どんな理由でも解約できるのは安心ですよね。

 

 

解約時の持ち物

 

解約時の持ち物は次の通りです。

 

  • 会員カード
  • 契約書(ない場合はTELで伝えれば大丈夫)
  • 印鑑
  • 支払に使用したクレジットカード(クレカ払いの場合)
  • 残金を返金してもらうための口座情報(現金で支払いしている場合)
  • 本人確認書類

 

振込(返金)されるまでの期間

 

解約から返金されるまでに期間は、早くて3週間、平均で1か月と言われています。
クレジットカードはもっと時間がかかるようですが、あまりにも時間がかかっているような場合はコールセンターで確認してみてくださいね。

 

返金期限

ミュゼでは返金の期限を設けてあります。

 

解約の返金期限が過ぎると一切返金がされないので、注意が必要です。

 

返金期限は契約日によって違うので、契約書か会員アプリで確認しましょう。

 

契約日が2016年5月31日以前
最終お手入れから2年以内

 

契約日が2016年5月31日以降
契約日から3年以内

 

 

解約後の再契約

 

ミュゼを1度解約したけど、もう1度再契約したいということもあると思います。

 

再契約はできるのかというと・・・

 

再契約はできます!

 

ですが、再契約の場合ですと会員価格の利用になってしまいお得なキャンペーンの利用ができなくなってしまいます。

 

 

ミュゼのクーリングオフ

 

カウンセリングで契約はしてみたものの、脱毛はかなり高額契約になるのであとで後悔・・・なんてことはよくあるのです。

 

そんな時は、8日以内でしたら解約ができるます。

 

解約の条件

 

契約日から8日以内であること

 

契約期間が1か月以上えあること

 

契約代金が5万円以上であること

 

ミュゼではほとんどの場合、クーリングオフの対象になります。

 

クーリングオフの仕方

 

コールセンターに電話をするか、契約店舗でクーリングオフしたいと申し出れば大丈夫です。

 

ですが、書面でのやり取りでもクーリングオフはできます。

 

書面でのやり取りのほうが、記録が残るのでより確実ですね。
書面の際は、必ず簡易書留特定記録郵便で郵便局から送ってください。
そうすれば、きちんと記録が残ります。(当日消印も有効)

 

8日以内の期限には必ず間に合わせましょう。
1日でも遅れたら、クーリングオフはできなくなります。

 

もし8日を過ぎてしまった場合でも、解約での対応がありますので途中解約手続きで返金対応してもらうといいですよ。

 

 

文書でのクーリングオフに必要な記載事項

 

  • 契約日
  • 契約内容
  • 返金額
  • 振込口座
  • 郵送の日付
  • 契約者の情報

 

書き方

 

契約解除通知書

 

契約日 〇月〇日
契約した会社名 〇〇〇
担当者 〇〇
契約内容 〇〇コース
契約金額 〇〇円

 

総額 〇〇円 

 

上記の契約を解除いたします

 

日付け 〇月〇日

 

解約者氏名 〇〇
契約者住所 〇〇
振込口座 〇〇

 

必ずコピーを取っておいてくださいね。